2018年01月20日

無料のHIV検査、プエラリアミリフィカ等を・・

「無料のHIV検査」・・

HIVの感染を調べるための検査があります。

これは保健所で無料で受けられるようですが、あまり知られていないようですね。

土日の検査日が少ないなど不便さも課題のようです。

健康診断でも無料でHIV検査が受けられるように、2018年から厚労省のモデル事業のスタートです。






「プエラリアミリフィカ」・・・

女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれる植物です。

タイ北部やミャンマーの山岳地帯などに自生するそうです。

ビルマ語の古文書にも記されるほど古くからのもののようです。

サプリメントでもときどき目にするプエラリアです。





「シシトウガラシ」・・

トウガラシの甘味種で、シシトウとも呼ばれます。

ビタミンCなどを多く含み、栄養価が高いとされます。

夏バテにもいいんだとか。

植物学的にはピーマンと同種なんだとか。

だから小さなピーマンといったところでしょうか。

成熟すると赤くなるけど、普通は熟す前に収穫します。



続きを読む
ラベル:HIV検査 無料
posted by だん at 06:54| 健康美容の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

γ-GDP、ブルーベリー等を・・

「γ-GDP」・・・

お酒が好きな人が気になる健康診断の数値でしょう。

この数字が高いようなら、節酒や禁酒で回復をはかることが大事です。

でも200を超えると病院に行くべきなんだとか。

肝臓は痛みがないまま悪くなるので、健康診断の数値が頼りです。

GOTやGPTも肝臓に関係した指標なのでした。





「ブルーベリー」・・・

北アメリカ原産の落葉低木果樹の総称なんだとか。

青紫色の小さな果実です。

目にいいという触れ込みで一時期一気に広がりました。

生食のほかジャムなどの加工食品としても知られます。

アントシアニンが豊富といわれ、サプリメントや健康食品ではよく目にするのでした。






「トウガラシ」・・

トウガラシも実はナス科なんだそうです。

ナス科トウガラシ属の多年草または低木とされています。

「唐」から伝わった「辛子」の意味だけど、必ずしも中国からを示すものではないらしいです。

辛味成分のカプサイシンは、近年注目されたこともあります。

トウガラシは防虫としても使われたりします。


続きを読む
ラベル:γ-GDP
posted by だん at 06:52| 健康美容の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

ME-BYO、ブラックコホシュ等を・・

「ME-BYO」・・・

国際シンポジウムやら、サミットやらが行われています。

神奈川県が推進する活動で、未病を表す言葉です。

実は平成26年から商標登録がされており、無断では利用できません。

でも、趣旨や目的に照らしてOKな場合には、使用できる商標なんだとか。

健康長寿社会をめざした取り組みです。





「ブラックコホシュ」・・・

原産地は北アメリカの植物で、古くからハーブとして使用されてきたそうです。

ネイティブアメリカンの間で古くから、婦人病や咽頭炎等に用いられていたという歴史もあるそうです。

サプリメントとして広く使用されているんだとか。

女性特有の症状にいいみたいです。






「鷹の爪」・・・

トウガラシの品種の一つで、日本ではよく知られている品種です。

実は小さく3センチくらいで、かたちは先がとがってやや曲がった紡錘形です。

乾燥させた実を丸ごと使ったり、輪切りにして使ったりします。

米の中に入れておくと防虫効果を発揮するといわれています。



続きを読む
ラベル:ME-BYO
posted by だん at 03:05| 健康美容の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

ピンクリボン、フコイダン等を・・

「ピンクリボン」・・

女性に最も多いといわれる乳がん。

その乳がんについての早期受信を推進したりするキャンペーンです。

10月がピンクリボン月間とされ、啓発活動がさまざま行われます。

中でも10月1日はピンクのライトアップが東京タワーとか、各地で行われています。

ピンクリボンデーなのでした。






「フコイダン」・・・

コンブやワカメ、メカブ、 モズクなど褐藻類の粘質物に多く含まれる食物繊維なんだそうです。

「ぬめり」部分に含まれる細胞間粘質多糖です。

健康食品として注目されたこともあります。

いろんなところで研究が進んでいるようです。

「フコダイン」と誤称されることもあるようです。





「タマリロ」・・

日本ではあまり見かけない果実です。

ナス科ナス属でトマトの近縁なんだとか。

木立ちトマトの別名もあります。

サラダや煮込み料理に使われます。

もともとは南米のアンデス山脈周辺に分布します。

ニュージーランド、ポルトガル、オーストラリアでも栽培されているようです。


続きを読む
ラベル:ピンクリボン
posted by だん at 06:54| 健康美容の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

人工臓器、フィロキノン等を・・

「人工臓器」・・・

人の手で作った臓器が、病気やケガで損なわれた機能を補っているようです。

まだ限定的な部分も多いですが、進歩するに従い、どんどん治せる病気も増えていきます。

工学と医学の融合でできたものです。

患者だけじゃなく、提供者への負担もなくなっていくのでしょうね。






「フィロキノン」・・

ビタミンK1とも呼ばれる物質です。

ナフトキノン骨格をもつ化合物の1つなんだとか。

ナフトキノンはビタミンKなど多くの天然物質の骨格を構成しているそうです。

フィロキノンはシアノバクテリアと、植物や多種多様な藻類に合成されます。

つまり酸素発生型光合成を行う生物のみが合成できるみたいです。






「パープルロシアン」・・

黒っぽく熟すトマトです。

縦長の形で、ヘタを見なければフルーツと思いそうな外見です。

ヘタを含む外観はしっかりトマトです。

生食でもおいしいですが、色合いが暗いため、サラダのトッピングとしては地味になるかも。

もともとはウクライナからきたトマトなんだとか。



続きを読む
ラベル:人工臓器
posted by だん at 06:55| 健康美容の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

給食とアレルギー、ビルベリー等を・・

「給食とアレルギー」・・

アレルギーがある子にとって給食の献立のチェックは大事です。

間違って食べて命に係わる事故も発生しています。

失敗できないことだけに、自動検出が役立っているみたい。

子どものアレルギーを登録し、献立の食材のデータと照らし合わせて見つけていきます。

保護者の負担とミスを減らしているようです。






「ビルベリー」・・・

ブルーベリーの1種なんだそうです。

よく目にいいようなイメージがありますが、本当のところはどうなのでしょうか。

またホワートルベリー、ウィンベリー、ブレーベリー、ヨーロッパブルーベリーなどとも呼ばれます。

いろいろあるんですね。

ブルーベリーの果実よりも小さいが味わい深いという特徴があります。





「フィオレンティーノ 」・・・

イタリアントマト・フィオレンティーノは形が独特な大玉トマトです。

名前の通りイタリアのトマトです。

縦割れがすごく、カボチャみたいというか、カボチャ以上の凸凹です。

色は赤く、輪切りにするとトマトっぽい見た目です。

細目にスライスしてサラダに使うと見た目もインパクトがあって面白そう。



続きを読む
ラベル:アレルギー 給食
posted by だん at 06:53| 健康美容の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする